月が昇れば

tukinobo.exblog.jp ブログトップ

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた を読んだ

『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』
長いタイトルの本だなぁ

わたしの息子は高校1年生
将来はどんな仕事をしたいのか
そのためにどんな大学を、学部を選んだらいいのか
これから選択していかなければばらない

親として何かアドバイスが出来たら良いのだけれど・・・
と話すと、近所のおばちゃんがわたしと息子に、こんな話をしてくれた。

遠くのずっと先を見るんじゃなくて
今、自分の目の前にあることを一生懸命にすることが大事なんだよ
医者になる、弁護士になる、公務員になる
教師になる、どの道が正しいか向いているのか
今の時点で決めなくても 今は勉強を頑張ればいい

山中教授だって、お父さんは町工場の社長さんで
お父さんのすすめで医学の道に進んで
東大や、京大じゃない神戸大医学部に入ってね
整形外科医になって、不器用だからジャマナカと呼ばれて
向いてないと挫折したから研究者になった
でも、整形外科医の経験は無駄じゃなかった
難病で苦しんで亡くなっていく人を救いたい思いが
研究したい心を支えたんだよって。

わたしは山中教授を知らなかった
翌日、本屋さんでたくさん並んだ山中さんの関連本の中から
一番簡単そうなこの本を選んで、一気に読んだ。
iPS細胞ってすごいなって、わたしでも理解出来たし感動した

祝 ノーベル賞受賞!唯一の自伝。
e0271890_222207.jpg





やさしい語り口で、中学生から読める
e0271890_22221085.jpg


ぼくは医師であるということにいまでも強い誇りを持っています。
臨床医としてはほとんど役に立たなかったけれど、
医師になったからには、最期は人の役に立って死にたいと思っています。
父にもう一度会う前に、是非、iPS細胞の医学応用を実現させたいのです
(本文より)

iPS細胞の再生医療への応用例
神経細胞・・・・・パーキンソン病
網膜、角膜細胞・・・・・眼疾患
心筋細胞・・・・・心疾患
神経幹細胞・・・・・脊髄損傷
血小板・・・・・・血液疾患
(出典:京都大学iPS細胞研究所)


京都大学iPS細胞研究所所長
山中伸弥
聞き手
緑 慎也

講談社 1200円(税別)
by tukinobo | 2012-12-08 22:00 | 本棚 | Comments(2)
Commented by 風花老衰 at 2012-12-09 06:52 x
漠然としたものであっても、
目標があるとないとでは、かなりの差が出てくると思いまするよ。
その過程で学び迷い挫折し、たとえ目標に届くことがなくても、
進むべき道筋が見えてくる、、、、ナンチャッテ。
Commented by tukinobo at 2012-12-09 08:10
目標があるとないとでは、かなりの差が出てくる
ありがとう、そうだね そのとおりだと思う
その過程で学び迷い挫折し、たとえ目標に届くことがなくても、
進むべき道筋が見えてくる

目標を持てる人に育てねば
出来ることは限られるので
体調管理が母の仕事ですねっ

今日もいい天気ですねぇ。
line

山歩きが好きです。


by tukinobo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30