月が昇れば

tukinobo.exblog.jp ブログトップ

多治見 幸兵衛窯の蔵出し市へ

東海テレビの番組「スイッチ」のはじめましてのコーナーで
多治見の幸兵衛窯での作陶体験が紹介されていました
(4月11・12日放映)
毎年、4月の第2、土・日に「蔵出し市」が行われるそうで
息子くんと午後からのんびり出かけ、駐車場に着いたのは14時

青空の広がる好天気、幸兵衛窯のある市ノ倉は
多治見インターを下りてR248を瀬戸方面に向う途中にある
市ノ倉の窯元の窯元ウォッチングも同時開催中
特設駐車場からは無料のシャトルバスも出ているけれど
歩いても10分程の距離なので歩いて幸兵衛窯に向う

「蔵出し市」に来たのは初めてだけど、とっても素敵な場所
幸兵衛窯はミシュラン2つ星なのですって
建物の中は休憩所として開放されており
好きな席で美味しいお茶と和菓子を無料で頂けるサービス
わぁ~嬉しい、遠慮なく頂きます。
e0271890_20231184.jpg






このチョウチョの絵の湯呑み、、とても可愛いなぁ
蔵出し市にも出ていて1客1800円でした
もと値はいくらするんだろう
e0271890_20185496.jpg


こちらはギャラリー
1階展示の新作もこの2日間は3割引で購入出来るそう
ペルシア陶器や正倉院三彩の技法を復元したことで
人間国宝になった陶芸家、六代目加藤卓男さん(1917~2005)の
カラフルでモダン、大らかで大胆な美しい作品の数々を
とっても間近で見ることが出来ます
ラスター彩、青釉、三彩、ペルシア色絵
自分はどんな形や色が好きなのか、こちらを見てから
蔵出し市でお買い物するといいと思います
e0271890_20324849.jpg

2階中央のステンドグラス
e0271890_20425248.jpg

e0271890_2043166.jpg


蔵出し市の会場、室内にたくさんの器が並んでます
e0271890_20311465.jpg

わたしが欲しかったのは4000円くらいのペルシアの大皿
織部の鳥の絵の湯呑み1800円、竹の絵の蕎麦ちょこ800円
ずいぶん悩んだけれど決められず、もう少し勉強してからにしようかと
でもせっかく行ったのだから、ひとつ買えば良かったです
お値段は市価の半額程度とか

息子くんはお庭で和太鼓のライブを楽しんでました
加藤拓三×東京月桃三味線の穴窯ライブ

作陶館、ここで陶芸体験が出来ます
無料で体験出来、気に入ったら1000円で焼いてもらえます
e0271890_212468.jpg

石窯ピッツアのお店、「moon」 こちらも寄り道せず
おなかをすかせてお昼に来なくちゃね マルガリータが1000円くらい
e0271890_2131946.jpg


駐車場でもらった案内地図
幸兵衛窯始め、18の窯元でお買い物と見学が出来ます
e0271890_2144577.jpg


毎年4月第2、土日 「蔵出し市」
毎年10月第1、土日 「秋のいろどり市」

「蔵出し市」は明日もやってるので気になる方は是非出かけてみてね
たくさん良いものを見れて楽しかったです。
by tukinobo | 2013-04-13 21:00 | 岐阜 | Comments(0)
line

愛知県西部在住、2010年からぼちぼち山登りしてます。


by tukinobo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31