月が昇れば

tukinobo.exblog.jp ブログトップ

安曇野、穂高駅前 蕎麦のとりい

2013年5月25日(土) 安曇野

夫の休日
土曜日なので息子も一緒に過ごせるし
松本で美味しいもの食べようかしら
長野道、安曇野インターで下りると常念岳がくっきりで嬉しい

「菜の花の黄色に残雪のアルプスの白、青い空がきれいなのよ」
とはりきって案内したら、菜の花が菜種になっていた

常念岳から燕岳まで、ずっと先の白馬まで雲ひとつ無い青空が続く
爺ヶ岳、鹿島槍、五竜岳
e0271890_9451545.jpg






お天気に恵まれた去年の夏休み、
中房から登って、あの稜線を槍を見ながら息子とふたりで歩き
大天荘で1泊し、常念小屋で休んで一の沢に下りた、
一の沢で待っていたタクシーの運ちゃんに
「中房から一の沢、1泊2日で縦走したの?健脚だねぇ。」と褒められたのだと
息子は父にうれしそうに報告していた そうか、そんなこと覚えてるんだなぁ
自慢出来て良かったね 

有明山の左に燕岳、左へずっと尾根歩きして
e0271890_855668.jpg

切通岩を下って、グンと登ると大天井岳
e0271890_9131594.jpg

大天井岳から横通岳 
e0271890_8551622.jpg

横通岳をスルーして常念小屋へ 常念山頂は行かず一の沢に下りた
e0271890_9333776.jpg

きみと歩いた山を麓から眺めるのもいいもんだな

菜種と常念岳
e0271890_1195964.jpg

e0271890_1110964.jpg


見せたかったのはこんな景色
2013年5月3日 同じ場所で撮影 雲が多くてかろうじて常念が見えていた
安曇野スイス村の近くの菜の花畑、安曇野インターを下りて3分
e0271890_1852164.jpg


穂高駅前に穂高神社がある
その穂高神社の境内の中、鳥居の傍にお蕎麦やさんがある
信州の雑誌「kura」に載ってた「蕎麦・とりい」に行こう
いつもは「翁」に行くのだけど新規開拓
穂高神社の駐車場は50台、車を停めるのも楽

11:30~ 開店前のとりい
e0271890_1132234.jpg

お店が開くまで、さわやかな境内の散歩
e0271890_1127463.jpg

2008年に127年ぶりに建て替えられた拝殿
右に立つ孝養杉は人気のパワースポット 
e0271890_11275798.jpg

大雪渓は知ってるけど・・・あ、北アルプスも知ってる
e0271890_11285863.jpg


男子、ざるの大盛
辰野の蕎麦粉だけを使用した9割蕎麦、透明感のある細切り
安曇野産の生わさび、つゆにお砂糖を使用しない 
e0271890_11175512.jpg

わたしの冷たいおろし蕎麦、美味しい
e0271890_1119337.jpg

男子、食後のミニソフトへ  バニラと蕎麦各200円
e0271890_11193385.jpg

店内入って右がカウンター席
テーブル席と合わせて16席の小さな店内は
素朴でどこか都会的、代官山にでもありそうな感じ
e0271890_11212862.jpg


穂高の駅前にはバックカントリー穂高がある
e0271890_11365321.jpg


あがたの森で5月26・27日とクラフトフェアー開催中の松本へ
中町通りのコインパーキングに停めてあがたの森まで歩く
気温が上昇し日差しが強い 
公園の中には60の全国から選ばれたブースが並ぶ、工芸家のフリーマーケットだ
木工や陶器やガラスや染物など お気に入りを見つけたい人で賑わう
これは息子が気に入ったらしいトリケラトプス 
いい写真が撮れたね
e0271890_11454770.jpg


クラフトフェアーでガラスの文鎮を購入 500円
高さ29ミリ 幅42ミリ 3:4の黄金比率
(福岡県嘉麻市 吹きガラス工房 琥珀 作家・斉藤達也)  
「新たなスタート」「始まり」の意味を込めて
100%廃瓶の再生ガラスで一切着色をしない
そんなことが同梱の紙に書いてある
そっか、廃瓶から作るのか
e0271890_124933.jpg

e0271890_13124516.jpg

松本市美術館に寄って中町通りに戻る
これは街中でよく見かける七夕の飾り
e0271890_14271923.jpg


戻って中町通りのちきりやさんでお買い物
1枚600円のお塩やわさび用に使う豆皿を買う
ゆで玉子のせるのにちょうどいいな
高さ20ミリ 直径87ミリ
(10/4 追記、有田焼で大日窯)
e0271890_12501078.jpg

e0271890_12502674.jpg



クラフトフェアの人出でとても混んでいて
行きたかった居酒屋は予約で満席、少し疲れてしまった
いつかまた機会があれば、山賊焼きや馬刺しを案内したい
翌日 母は上高地へ、父は羽田へ、息子は息抜き 
娘はバイト そんな5月のそれぞれの我が家の週末。

長野の写真は息子(高2)の撮影、わたしはカメラを忘れたのでございます
by tukinobo | 2013-05-30 11:00 | 長野・山梨 | Comments(2)
Commented by D at 2013-05-30 19:44 x
すばらしい展望だね。いい日に行ったね。心がけがいいからかな。
常念はいつ見てもいいね。
Commented by tukinobo at 2013-05-30 21:58
Dさん、ありがとう
梅雨入り前の週末、思いのほか北アルプスは天気が良かった
安曇野の山麓とか上高地から、眺めながら
登ってる人は最高だねって羨ましかったです
観光も楽しいけどね
line

愛知県西部在住、2010年からぼちぼち山登りしてます。


by tukinobo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31