月が昇れば

tukinobo.exblog.jp ブログトップ

カロトギフ 木工のワークショップ

先日、各務ヶ原市のカロトギフさんで木工の
ワークショップがあったので娘と参加しました。

カッティングボードを作るのです、

e0271890_22252379.jpg




裏庭のスペースで講習会、
まずは先生の説明を聞きましょう。

1、スミつけ!

木材にカットする線をエンピツと定規でしるします。

作業台に、木材をクランチという赤い持ち手の金具で固定します。
e0271890_22253945.jpg

2.のこぎりでカット!

のこぎりで、エンピツでつけたしるしを残しながら、
力を入れすぎないようにゆっくりカットします。

娘は筋がいいとほめられています。

e0271890_22255155.jpg
チチチと小鳥のさえずりが聞こえます、
時おり戦闘機がごおお~と音を立て上空を通過します、
梅の花が咲く、のどかなこの場所で

わたしははじめてののこぎりに苦戦しておりました、
ごめんね、楢の木

この木は楢(なら)の木です。
e0271890_22304196.jpg
先生に手助けをいただきながら、のこぎりのカットが終わったら、
革ヒモを通す穴を開け、切り口にやすりをかけてすべすべにし
アマニ油をうすく塗り、さらにみつろうクリームを塗ります。

3、紙やすりでサンディング!
4、オイルフィニッシュ!
5、完成!
e0271890_22384293.jpg

左がむすめの、右がわたしの、おそろいだね。


カロトさんのオリジナルの革ヒモが上質でシンプルです、

e0271890_22324902.jpg
最初にノコを入れたとこが、ガタガタなのが
初作品らしい良い味になりました。

良かった、良かった。

e0271890_22353540.jpg
出来立てほやほやのカッティングボードをお皿にして
カロトさんのおいしいおやつをいただきます、
e0271890_22490002.jpg
習い事って楽しいなぁ、
しみじみと満足感のあるワークショップでした。


縁あって我が家にやってきた楢のカットボード、
英語ではオーク、oakの木、

ガシガシと使いたいと思います。



カロトギフ ワークショップ



by tukinobo | 2015-03-21 23:00 | 各務ヶ原市 | Comments(4)
Commented by shizenkaze at 2015-03-21 23:06
カットボードと言えば俎板ですね~
楢の木は丈夫なので洋酒などはこの木で作った樽に入れますね
漢字をよく見ると『楢』と『樽』ってどことなく似ているのも関係があるからなのでしょうね~♪

料理人が好む俎板の木はイチョウらしいですね~
イチョウの木は当りが柔らかいので包丁の刃を傷めないからなんだそうです~

いろいろなものを作られますね~
私も以前はいろいろ作っていましたので楽しさは判りますね~(*´∀`*)
Commented by pallet-sorairo at 2015-03-22 13:11
オークのボードでおやつを食べる。
それも手作りのボードで!
素敵だ。
Commented by tukinobo at 2015-03-23 10:31
shizenkazeさんへ

そう、まな板です、俎板って漢字で書くのねぇ。
洋酒の樽に使う木材でしたか、
とっても硬いんです。
やすりをかけると、すべすべです。

亜麻仁油をぬったり、みつろうを塗ったり
のこぎりのコツを教わったり、
普段しないことを、教わるのは楽しかったです、
おやつ付きだし。
Commented by tukinobo at 2015-03-23 10:36
palletさんへ

オークの木というのはヨーロッパでは大切な家具材で
ハリーポッターにもオークのドアって言葉がでてくるそうです。

楢の木、楢の実は大きいどんぐりですよねぇ。
木工、楽しかったです(^-^)
line

愛知県西部在住、2010年からぼちぼち山登りしてます。


by tukinobo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30