月が昇れば

tukinobo.exblog.jp ブログトップ

燕山荘 つれづれ

15:30

燕山荘に戻りました、
ベイクドチーズケーキを食べましょうっと。

おなかがすいたよー
e0271890_22144141.jpg




ストーブのそばにいても、冷えたからだが温まらないなぁと思っていたら
外気温は3℃ですって、そら寒いわー。

喫茶サンルームのケーキセットは950円 
e0271890_22150003.jpg

畦地梅太郎、熊谷榧の版画や絵画の飾られた食堂
e0271890_22214336.jpg
本館階段 畦地梅太郎 山男のレリーフ
e0271890_22313409.jpg
e0271890_22364229.jpg
蚕棚形式の2段配置の本館一般客室
空いていたので、2人分のスペースを使えました。
e0271890_11262312.jpg
e0271890_11330831.jpg
部屋の窓からは、有明山と安曇野の街が見えます。
黎明や星空や月、街の夜景も見えました、ハイジの気分です。
e0271890_11350650.jpg

燕山荘が混みあう、ハイシーズン、海の日や秋の連休には、
食事は6回戦(入れ替え)だったりもするそうですが、
今日は1回なのでゆっくり食べてね、とスタッフさんが声をかけてくれました。

夕飯のあとは、談話室で本を読んだり、山談義したり、
20時からはしっかり真田丸を見ました。

21:00 消灯


《夕飯 18:00》

山菜蕎麦 煮物 アジフライ チキンソテー ポテトサラダ 野菜 酢の物
オレンジ 味噌汁 ご飯
e0271890_23042445.jpg

《朝食 5:30》

焼鮭 玉子焼き ウインナー 豆ひじき他 
ゼリー 梅干し ご飯 味噌汁
e0271890_23050437.jpg





創設は1921年(大正10年)
本館玄関部分の建設は1937年(昭和12年)

上高地帝国ホテルと同じ高橋設計事務所の設計です。
(基本設計・今井兼次、実施設計・高橋貞太郎 たかはしていたろう)

木材は第3ベンチの辺りから、人力で荷揚げ。
1本の材木をおよそ15人で運んだのだという。

e0271890_12060664.jpg
西側は土塁がかこみ風雨から、建物を守っています。
e0271890_12063615.jpg
燕山荘(えんざんそう)
標高 2712m
収容 650人
テント 30張

大人 一泊二食 9800円(税込) 素泊まり6200円(税込)
テント 1名 700円(税込)

e0271890_21513893.jpg
オオバキスミレ
e0271890_21522951.jpg

by tukinobo | 2016-06-29 22:00 | 北アルプス | Comments(4)
Commented by pallet-sorairo at 2016-07-01 10:16
燕山荘は混んでいる時しか行ったことがないから
こんな風に隅々までしっかり見るのは初めてかも。
あらためてウッディな素敵な建物だなと思いました。
貴重なレポ、ありがとう。
Commented by sarusaM1 at 2016-07-01 11:33
暑くてクーラーを入れているくらいですが、
気温が3℃!そしてストーブ!驚きの連続です。
空の青さが綺麗ですね。
Commented by tukinobo at 2016-07-01 19:35
> pallet-sorairoさん

上高地の帝国ホテルは行ったことがありません、
バスで通りすぎるだけ。
今度、のぞきに行ってみたくなりました。
明治村の帝国ホテルロビーもひさしぶりに見たくなりました。
燕山荘は昭和9年からの建設中にも台風や積雪で何度も
頓挫して、基礎を深く掘りなおしたそうです。
Commented by tukinobo at 2016-07-01 19:41
> sarusaM1さん

ほんとうに、別世界です。
どうしてあんなに高山の空は青いのでしょうね、

月曜にさくっと下山しましたが、松本は晴天で32℃ありました。
うだりました。
line

山歩きが好きです。


by tukinobo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31