月が昇れば

tukinobo.exblog.jp ブログトップ

黒部五郎カールへゆくのだ。 その2

8月8日(月曜日) 3日目 黒部五郎小舎・黒部五郎カールピストン・三俣蓮華岳・双六小屋



黒部五郎カール

e0271890_10142667.jpg





4:00 起床
4:30 黒部五郎小舎・朝食 

みぞれなめこ・炒り卵・煮魚・竹の子・高野豆腐・椎茸・梅干・たくあん・海苔・青菜おひたし
どれもとてもおいしい。
e0271890_18114094.jpg



5:30 黒部五郎小舎にザックを置いて、アタックザックでカールまでピストンします、

e0271890_23154562.jpg


今年の雪どけは例年よりひと月早く、
花畑の見頃も7月の中旬だったそうです。
花は終わりましたが、ふわふわしたチングルマの果穂のピンク色が
青空に映えて、とてもうつくしいです。
e0271890_11062886.jpg
山頂直下には沢があり、北アルプスの天然水が流れています、
手をひたすと冷たくていやされる~。
e0271890_10130850.jpg
イワイチョウの黄葉が始まっています。
e0271890_10225950.jpg
貸切のカールにてぼっちゃん休憩中、(右端)
e0271890_08464248.jpg
すてきな平らな石の上、すわりごこち良し、
寝そべってローアングルで写真を写すのも最高。
e0271890_10252946.jpg
おおきな岩がごろごろしているから、黒部のごろー岳と名前が付いたそうです。
e0271890_10272443.jpg
今回、黒部五郎岳の山頂は登らなかったんです、
もったいない登山だけど、また今度ね。
e0271890_11081360.jpg

さあ、気持ちの良すぎるカールで、のんびりすごしてタイムアップ。
岩には『小舎マデ二時間』の表示、さくっと下りれば
1時間くらいなのでそれも書き足してあります。
e0271890_11085488.jpg
ベニヒカゲ 紅日影 長野県の天然記念物
氷河期から生き残る日本固有の蝶なんですって。
e0271890_17214566.jpg
きみと一緒に来れて良かった、
すばらしく雄大で、太陽は元気いっぱいのカンカン照り。
e0271890_17221322.jpg
ふりかえると、雲が湧いてきました。
e0271890_21215139.jpg

10:00/11:00

黒部五郎小舎まで戻って、ラーメンでお昼にしましょう
厚切りチャーシューに青菜がたっぷりのラーメン、

黒部五郎小舎の食事は抜群においしいです。
e0271890_17083873.jpg
小舎番さんが、いまから双六小屋に行くのなら、
予約の連絡を入れましょうかと無線をいれてくれました。
「三俣蓮華山頂までは登りがつらいのでばてやすい、
焦らず丸山まで行ければ、あとは大丈夫。」とアドバイス。

11:00 さあ、出発。

おこじょとイワナとワシの絵の描かれた黒部五郎小舎の
この看板が見たくて、2016年の夏山を決めたのです。

画家・熊谷榧(くまがいかや)さんの作。
e0271890_01051248.jpg
e0271890_08561633.jpg

尾田先生のワンピースに出てきそうな、いい顔をしたさかなはイワナでしょうか。
e0271890_14051616.jpg
おこじょ、一度も実物に会ったことはないのですが、手がかわいい。
e0271890_14063344.jpg
11:00 樹林帯の登り、スタミナがあるうちなので、がんばりましょう。



12:30 

あれが三俣蓮華岳(2841m)につづく裏ボス的な丸山(2854m)ですぜ、
お花畑の広がる絶景で休憩する。
e0271890_01151097.jpg


初日・2日・3日と連続のカンカン照りで日焼けがすごいですけど、
それでも夏の太陽がうれしくてたまらないのです。


振り返ると、黒部五郎岳がいつまでも見送ってくれていました、
「さっきまで、あのカールの雪渓にいたんだね、
ずいぶんいっぱい歩いてきたねー。」

一晩休んですっかり元気になったきみが饒舌になる、良かった良かった。
e0271890_01275596.jpg
鷲羽、水晶、赤牛、雲の平
e0271890_01461373.jpg
おおきなおおきな薬師、はじめて出会う北アの山々が
よく来たねって言ってる気がします。
e0271890_01505480.jpg
この日はトランスジャパンアルプスレース・TJARの選手とカメラクルーが
この山域を通過していました。
レースのことをよく知らないわたしが、「上高地まで行くんですか?」と尋ねると
「太平洋まで行くんです。」と、ニコニコ笑顔でこたえてくれたのでした。

日本海の富山湾から太平洋の駿河湾まで約415kmの距離を、
8/6~8/14、8日間・192時間以内に走破をめざす山岳レース。
この日のカンカン照りの黒部五郎も三俣蓮華も双六のトレイルとかも
後日映像が放送されると思うので、録画したいと思います。


14:00

三俣蓮華から丸山にかけてはお花畑と、北アの絶景を眺めながら歩きます。
雪渓近くのハクサンイチゲ 白山一華
e0271890_01495219.jpg
ミヤマダイコンソウ 深山大根草
e0271890_01500558.jpg
チングルマ 稚児車
e0271890_01503228.jpg

15:00

ウグイスが『ケキョケキョ』と鳴き、
イワヒバリが「こっちよ」と案内をするように登山道で遊んでいます。

双六岳山頂と中道の分岐までは秋の花たちが迎えてくれます。

イワギキョウ 岩桔梗
e0271890_01555202.jpg
トウヤクリンドウ 当薬竜胆
e0271890_01560478.jpg
でもね、一歩一歩、十歩二十歩と
ただ前に足をだすことが、かなーりつらくなって来ました。
笠ヶ岳にガスがわき穂高を隠しました、
歩けなくなると、一歩一歩がとても遅くなってしまいます。

槍が正面にずっと見えています。
天気が崩れず歩くことができ、恵まれているなぁと思います。
e0271890_01575616.jpg


わたしより歩けるぼっちゃんには、自分のペースでさきに
行ってもらって、ザックをおろして双六中道分岐で待っててもらいました。

「やっと、電波はいったーーー、(^-^)」
彼は待ってるあいだに、ラインゲームのログインが
できたとうれしそうで、ひさしぶりに笑った顔をみました。

元気がでて良かった良かった。



17:30 双六小屋着 標高2600m 定員200名 この日は100名ほどの宿泊
e0271890_03183599.jpg
11:00に黒部五郎小舎から歩きはじめて17:30着だから、6時間30分かかりました、(泣)
受付のスタッフさんに「おつかれさまでした。」と迎えられ
案内された部屋は3畳の個室、「ふたりで使ってください。」
ああ、めっちゃ、うれしい、だらだらできる。

e0271890_02452215.jpg
18:00

夕飯の食事には金色のエビスを買って、いただくことにしましょう。
e0271890_13474906.jpg

向かい合わせの席の奈良の男性ふたり組は、折立から一泊目太郎平小屋、
二泊目雲の平小屋で、三泊目が双六、明日は新穂高に下山。
うちの息子と4人で、富山大学診療所に虫刺されで受診した話しやら、
新穂高駐車場の空き具合の話しやらで盛り上がる。
奈良弁ってよく聞き取れなかったけれど、やわらかくていいな、
「明日は最終日、新穂高までお互いがんばりましょう。」と励ましあって夕飯はお開き。

突然声をかけられてまじまじ見ると、先日の燕岳で同室だったソロの若い女性です。
燕岳でライン交換していたのだけれど、ここでまた会えるなんてディスティニーな(笑)。
彼女は今日、新穂高から登り明日、鷲羽・水晶・雲の平に行くらしい。
またどこかの山で会えるとうれしいね。



双六小屋の談話室はおおきなテレビが映り、インターネットも通じるので
ぼっちゃんはひさしぶりにラインゲーム三昧、水も豊富で、乾燥室も温かくいい小屋です。

docomoの電波の入る場所の地図が掲示してありました、
赤色が電波が入る登山道。
e0271890_19403017.jpg

8月9日(月曜日) 4日目 双六小屋・鏡平山荘・わさび平小屋・新穂高温泉登山口

4:30 つかれて眠るぼっちゃんを起こして双六小屋の朝食
e0271890_13504957.jpg
6:20 双六小屋出発、もう最終日なのだ、のんびり新穂高へ帰ろう。


オヤマリンドウ 御山竜胆
e0271890_19494759.jpg
午前中は逆光になる槍と西鎌尾根

台風が北海道沿岸に抜けて、かわりに上空に寒気が入ったこの日、
雲がわきやすくなったよう。

昨日より涼しくなった風が心地よい。
e0271890_23294163.jpg

8:40 鏡平山荘 

鏡平山荘に着いたら、カキ氷食べようねーと話しながら下山しました、
ふわふわカキ氷はたまらんです。

かき氷の貼り紙がないので尋ねると、
先日ヘリが飛ばず、かき氷用の氷が不足しているため
声をかけてくれる人に出している状態で、もう残りわずかなの。
と話してくれました。

e0271890_19510098.jpg
11:00 秩父沢でひと休み

おやつポーチには、亀田の柿の種、ナビスコチーズリッツ、なとりのさきいか。
e0271890_19534232.jpg
e0271890_20000159.jpg
12:40 わさび平
 
わさび平にはそうめんがあるよー、食べたいねーと話しながら下山しました、
e0271890_20021038.jpg
そうめん食べるよねー
e0271890_20022585.jpg
14:30 新穂高温泉登山口
14:40 新穂高無料駐車場
16:00~18:00 平湯の森で温泉・もみの木で食事
21:00 高山から高山縦貫道、北陸自動車道で帰宅





10代最後のぼっちゃんの夏休み、
今年も一緒に歩いてくれてありがとう。
感謝しています。


なるべくたくさん、一緒にいようぜ。
なんて言わないので、夏休みはさ

一緒に山に行こうね(・∀・)すりすり。




長くなりました、ぼっちゃんの夏休みシリーズ「黒部五郎カールへゆくのだ。」
最後まで読んでいただいてありがとうございます。


by tukinobo | 2016-08-11 14:10 | 息子と山歩き(北ア・八ヶ岳) | Comments(20)
Commented by カッペ at 2016-08-11 20:04 x
すぐ先の雲ノ平にはいかなかったのかな。

久しぶりに高山蝶・ベニヒカゲの写真を見せていただいた。ありがとう。
Commented by bp-kaka at 2016-08-11 22:39
息子さんの10代最後の夏休み素敵なお山になりましたね(#^.^#)
素敵な写真がいっぱいで楽しませてもらいました!!
Commented by pallet-sorairo at 2016-08-11 23:30
yakoちゃんyakoちゃん、
私、つい先ほど山から帰宅したんですがびっくりぽんです!
私も9日(火)鏡平9:00着45分まで大休止してました。
山荘手前の鏡池のテラスででしばらく槍穂眺めていたのでそこですれ違ってた?
それとも山荘テラスに一緒にいた??
黒部のカールで写っているウエァの女性はyakoちゃんでしょう?
シックで素敵だなぁと思って見たような気がするんだけれど。 
Commented by tukinobo at 2016-08-12 07:55
> カッペさん

おはようございます、雲の平はすぐさきなの?(笑)
そうなんです、山頂をふんだのも、三俣蓮華と手前の丸山くらい。
地図とにらめっこしながら、つぎは鷲羽、水晶、雲の平へも
行ってみたいなって思っています。

ベニヒカゲはあちらこちらでたくさん飛んでいました、
調べたら希少な蝶なのね、もっと真面目に撮影すれば良かったです。



Commented by tukinobo at 2016-08-12 08:08
> bp-kakaちゃん

ありがとうございます、お天気に恵まれて
暑すぎたとはいえ、すてきで贅沢な山行でした。
10代最後の北アルプスか~、(・∀・)
学生なので長い夏休みが始まりました、
いっぱい甘酸っぱい青春を満喫してもらいたいですね~・

Commented by tukinobo at 2016-08-12 08:26
> pallet-sorairoさん

palletさんpalletさん、

びっくりぽんぽんです(・∀・)、ニアミスしたんだね。
カキ氷しか画像が残っていなくて、カキ氷の画像の時間が
8:45~8:48 テラス席で寒くなりながら食べて
ザック背負って歩き始め、鏡池は混んでいたのでスルーしたの。
4日目は、スカイブルーの半パンに白Tにアームカバーを着てるかな。
たぶんね、palletさんが鏡池にいるときに下りちゃったのだと思うわー。

黒部五郎小舎の看板を見ることが、今回の山の目的でした。
palletさんたちのおっかけです、前回、折立から新穂高だったでしょう。
はじめての山域で、なにもかもに感動したのよ(・∀・)
とってもいい黒部五郎小舎&黒部五郎カールでした。
雲の平も近くで眺めることができたし、歩いた山が身近になりました。
Commented by pallet-sorairo at 2016-08-12 09:01
おはようございます。
私が鏡池に着いたときは誰もいなかったから
たぶんその前にすれ違っていましたね。
残念!
お天気に恵まれて素敵な山旅でしたね。
写真がとってもきれい。
楽しませていただきました。
ありがとう。
Commented by shizenkaze at 2016-08-12 23:33
夏山を満喫されましたね~
小屋の看板の絵は楽しいですね
イワナに見えます~
オコジョも逢ったことがありますがこんな感じでした~
九州に居る『薩摩オゴジョ』だとだいぶ違いますね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

ハクサンイチゲもタクサン咲いていていいですね~♪
こんな山の上でもラインゲーム出来るんですね?
きっとポケモンもいるのでしょうね~(*´∀`*)
10代最後のボッチャマと一緒の山歩きいいですね~
Commented by tukinobo at 2016-08-13 20:02
> pallet-sorairoさん

でもね、もしかしたらすれちがって挨拶してるのかも
知れないわ(・∀・)
つぎにあうときにそなえて、これがyakoっていう
マスコットでもつけようかと考えてます(笑)。

ぼっちゃんには、合わないザックを背負わせてしまって
つらかったようですし、
初日2日目とフェーン現象で猛暑日になって、例年よりもかなり暑かったので
急激にばてばてにもなりました、良いことも悪いこともふくめ
この夏は良い経験ができたと思います。
Commented by tukinobo at 2016-08-13 20:32
> shizenkazeさん

小屋の看板の絵はイワナぽいですよね(^-^)
薩摩オゴジョとよかにせどんって、言いますよね。
お似合いのカップルのこと。

ポケモンって、山の上になんて出没するのかな、
わからないので気になります。
今年は猛暑なのでご自愛くださいね。

Commented by cyu2 at 2016-08-14 05:43 x
ぼっちゃんの夏休み、良い山歩き、素敵な思い出がまた増えましたね~
暑かったね~ホント、私も昨夜山から帰ってきたばかりですが、
暑さ慣れしていない身体には堪える暑さだったね!よく頑張りました~

今回は黒部五郎岳に登らなくて正解だったかもよ?
黒部五郎宿舎からのピストンは案外きつそうですよね、
この暑さだとさらに辛そう。
それに、黒部五郎岳はこのカールの雄大さがメインだと思うので(勝手にそう思う・笑)
小屋の天ぷら食べたかったな~
私が行った時は過去最高の宿泊者で食材が足りなくなったようで、残念な内容だったので。
わたしもまたいつか空いている時期に行きたいな。

鏡平山荘のジャンボコロッケ食べました?
私はあれが大好きです(*´∀`*)
夏に行ってないのでかき氷は食べれてないのが残念
・・・あ、食べ物の話ばかり。
私もこのエリア大好き!何度でも行きたい!
また日々頑張って、お互い再訪しましょ。

Commented by tukinobo at 2016-08-14 11:44
> cyu2ちゃん

ことしはいろいろあって、気合というものがわかなくて
なかなか夏山の予定もぼんやりしたもの
しか見えて来なかった。行きたかった槍も、奥穂も行ったしな。

パレットさんと、野と山とや、ちゅちゅちゃんの北ア山レポをいくつか読んで
ぼんやりだけど、黒部五郎カールへ行ってみようかなって思えて来た、
8月5日に試験が終わり、夏休みがはじまるぼっちゃんと、新穂高へ向かう。
しあわせな夏休み。

暑い暑い暑いねって、何回くちにしただろう、暑かった。
晴れの夏山って、暑いんだね。ガスってありがたいものだよね。

>この暑さだとさらに辛そう。
>それに、黒部五郎岳はこのカールの雄大さが
>メインだと思うので(勝手にそう思う・笑)
目前の黒部五郎岳にはじつは登りたかったけど、
ありがとう、ちゅちゅちゃんのコメで救われたよ。
貸切カールでのんびりすごしていた時間は、いま思い出しても
良い時間だったと思う。だらだらおしゃべりいっぱいしながら。

そうそう、鏡平のコロッケね、おいしかったよ。有名なのかな。
黒部五郎の天ぷらは最高。にんじんの煮物がウマウマ。
ほぼ同じ食材内容の双六の天ぷらもおいしいけれど、
黒部五郎のほうが、揚げ方がほくほくしていて一枚上手。

カキ氷はヘリが飛ばなくて、氷の残量が少ないので
あとのこりわずかでした。バニラアイスも売り切れ。
近くのテーブルのひとが、アイスフロートを注文していて
バニラアイスがないので、チョコアイスをのせてたの。
絵的には茶色×茶色で微妙だったと思う・笑。

つぎは鷲羽の瞳が見てみたいな。
Commented by sarusaM1 at 2016-08-14 16:54
天候が最高ですね(^^)
澄んだ青空、霞むことなく遠くまで見渡せる山々。
自然の中で食べる料理は最高ですね。
Commented by tukinobo at 2016-08-14 21:13
> sarusaM1さん

ほんとうにそうですね(・∀・)
山小屋の食事はありがたいです。

家に戻ってくると、食べものが冷蔵庫にあり
きゅうりやワカメやら、野菜が好きなだけ食べられて
氷がいっぱい入った、お水が飲める、当たり前のことが
とてもうれしく感じます。
Commented by asaasa32 at 2016-08-16 00:45
黒部五郎のカールでのんびりと過ごすなんて、最高に贅沢な時間ですね。

鏡池は本当に鏡のようですし、黒部五郎小舎の食事は評判どおり美味しそう。

今、すごくすごく黒部五郎に行きたくなっちゃいました。
とても素敵な文章と写真で、私もこんな山旅がしたいです♪
Commented by tukinobo at 2016-08-17 09:46
新穂高から入山して、鏡平に宿泊し、
笠ヶ岳にでかける方がたくさんいました。
鏡平までも、暑いと結構しんどいです、
岐阜県民には憧れの特別な山、笠ヶ岳。
無理せず楽しんできてね。おやつレポ、たのしみ。

最高の贅沢な黒部五郎小舎、あとからいろんなレポを
読んだら、北アルプスの秘境って書いてあったりして。
電波は通じないけど、秘境ってほどでもなかったような・・・
知らぬが仏とはこのことです(^-^)。

見知らぬ場所を歩いたことで
そのさきが身近になって、つぎの憧れは
鷲羽、水晶、雲の平になっています。
のんびり夏山、テーマです。
Commented by tamataro1111 at 2016-08-18 03:11
お早うございます。
素晴らしい夏山を満喫されました。
やっぱり今年は雪が少ないですね。。。 ! ?
以前 薬師〜笠まで歩いた時の事
思い出しなが拝見しました。
Commented by tukinobo at 2016-08-19 14:23
> tamataro1111さん

双六あたりを歩くのは今回はじめてなのもあって
わたしはあまり感じていなかったのですが、
毎年来るかたは今年はお花の開花もひと月はやく
8月なのに、9月のようだと話していました。
去年歩いた方のブログの写真と比べても雪が少ないです。

>以前 薬師〜笠まで歩いた時の事
薬師~笠ですか、ロングコースですね、すごいですね。
Commented by ゆき at 2016-08-20 14:56 x
yakoさん、こんにちは。
yakoさんは一緒に歩いてくれるぼっちゃんがいて羨ましいです。
私の所はもっと早くからついてきてくれなくなりました。
あ、それでですね、「黒部五郎カールへゆくのだ」を読んで気がついたこと。
小屋の前とか、どこかの頂上で、ぼっちゃんとのツーショット撮りました?
鏡平の写真、一応親子のツーショットでもあるな、って。
ぼっちゃんが下を向いているのは残念だけど。
顔の部分ぼかしていない版をpalletさんに送ってありますので、
いかがですか。
Commented by tukinobo at 2016-08-20 17:46
> ゆきさん

ゆきさん、こんにちは。

写真の件、ありがとうございます。
親子ツーショット、なかったんです、palletさんにお願いして
パソコンアドレスに送ってもらおうと思います。
それにしても、鏡平テラスの一枚はうれしい一枚になりました。
楽しい不思議でありました(^-^)
line

山歩きが好きです。


by tukinobo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31