月が昇れば

tukinobo.exblog.jp ブログトップ

はじめてのモネの池

お天気良いから、おでかけしようとのお誘いに、
車を走らせながら考える。
お昼ごはんを関のしげ吉で食べて、
メツゲライトキワでボンレスハムと、
ペイザンでバケットペイザンも買えたら楽しい。

ごはんと買い物のあとはドライブしよう。
しげ吉から40分くらい、さらに車を走らせて、
関市板取の根道神社の名もなき池(モネの池)に行こう。

e0271890_16453672.jpg
・岐阜県関市板取396番地




16時前くらいの根道神社はすいていて、モネの池もとても静か。
夕ぐれの日差しを受けた冬枯れの木立が水面に映って、
とても不思議な林のなかを鯉たちが泳いでいます。

透明度の高い池は、山からの湧き水で出来ていて
水温は夏も冬も14℃なのだそう。
冬でも水温が高いので、スイレンの葉は枯れずに赤く紅葉し
鯉たちは湧き水の出所に集まるのだそうです。
e0271890_00094194.jpg
e0271890_01254134.jpg
e0271890_13475685.jpg
e0271890_01264348.jpg

e0271890_00085300.jpg
e0271890_01412152.jpg

セリョンちゃん曰く、初夏の頃はひかりがさすと
池の底が明るいブルーがかって、もっとお魚が浮いて
いるように立体的に見えるらしい。

縁起が良いと言われている赤いハートの鯉、
こっちに来い来いと呼んだら来てくれました。




入口に掲示されていた説明書きが丁寧で、
分かりやすかったので書き写します。
以下説明文

名もなき池 通称「モネの池」

水 湧き水のみ
湧き水の出所 橋の周辺や前部辺り
湧き水の水温 夏も冬も14℃位

水温14℃による影響
(夏)・スイレンの開花が朝ではなく、11時頃
(25℃位)閉じるのが夕方になる
・開花時期が5月下旬~10月下旬
(最盛期 6月中旬~7月中旬)

(冬)・スイレンの葉が枯れずに赤く紅葉します。
鯉が湧き水の出所に集まります。

池底 
この辺りは白っぽい岩(石英質)が多く
池底で湧き水により有機物が流失後に砂が残り、
白っぽくなりました。

植物 
橋の前部の湧水部は土中を水が動くので
植物が根を張りにくく、あまり繁殖しません。
池の両端は湧水がないので、よく繁殖し花も多く咲きます。




by tukinobo | 2017-02-15 23:00 | 岐阜 | Comments(6)
Commented by korie0716 at 2017-02-17 08:07
鯉の恋(ハート)ちゃん 可愛く写ったね!
Commented by tukinobo at 2017-02-17 14:20
> korie0716

セリョンちゃん、ずっと行ってみたかった
場所に行けて良い日になりました、
赤いハートの鯉の恋ちゃんがお昼寝中じゃなくて良かったです。

Commented by pallet-sorairo at 2017-02-17 20:43
素敵なところね。
名もなき池という名前?も!
水面に写り込んだ樹々が素晴らしい。
Commented by tukinobo at 2017-02-17 22:31
> pallet-sorairoさん

ありがとうございます(^-^)
石英質の岩が多いから、あんなに明るい色になるんですって。
湧き水ってすごいね。
上高地でもコンコンと水が湧いてるよね。
Commented by shizenkaze at 2017-02-18 23:54
正式名『下根池(シモネイケ)』も有名になって2年程になりますね
私が最初にブログに載せた頃は誰も来ていない有り触れた池でしたが水質の透明度には驚きましたが人工の池だと判っても綺麗なので急に話題になってしまいましたね~
こんな場所は他にもありますが自然を大切にするには公にしないほうが良いこともありますね~
根道神社の下の池で地名が下根地区なので正式な名前はシモネイケです~
Commented by tukinobo at 2017-02-20 23:35
> shizenkazeさん

コメントありがとうございます。
正式名は下根池(シモネイケ)なのですね、
池近くに掲示の説明書きには、
名もなき池 通称「モネの池」と書いてあり
根道神社・この地元(白谷地区)の氏神様
と書かれています。
紛らわしいですね。
line

2010年からぼちぼち山登りしてます。


by tukinobo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31