月が昇れば

tukinobo.exblog.jp ブログトップ

2017年 01月 20日 ( 1 )

赤福ぜんざい

二十四節気最後の節気、大寒になりました。
このころになると、節分のお菓子が店頭に並び始めて
おひなさまも見かけるようになって、
なんだかとても寒いのに、春の気配を感じたりするのです。

用事をすませたあと、松坂屋さんのデパ地下で
赤福ぜんざいをいただきました。
店内でふっくら焼いてくれるおもち、
びっくりするくらい大粒の大納言あずき。
カリカリ梅と糸こんぶ、
温かい伊勢茶は、伊勢本店で焙じたものを使うそうです。

赤福の屋号は「赤心慶福」という言葉から来ていて
「赤子のような、いつわりのないまごころを持って、自分や他人のしあわせを喜ぶ」
という意味があるそうです。

すこし元気が足りないときに、赤福のぜんざい。
あー、あったまる。
家に帰ったらうがいをして、流行りの風邪に負けないように、
あと14日すごしたら立春ですから。

520円(税込)
e0271890_10242170.jpg

by tukinobo | 2017-01-20 11:00 | 日々おやつ | Comments(8)
line

山歩きが好きです。


by tukinobo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー